1. 【フォーラム】2/24(月・祝)「これからの時代のハッピーなくらしフォーラム in KYOTO」(開催地:下京区)

【フォーラム】2/24(月・祝)「これからの時代のハッピーなくらしフォーラム in KYOTO」(開催地:下京区)

ときどき家族プロジェクト京都「子育て✕くらしと住まい」
わたしがつくる・みんなとつくる
「これからの時代のハッピーなくらしフォーラム in KYOTO」

こどもと大人が育つ環境に「選択支」もっとあれば。

「私、地元は京都じゃないけど子育てしていけるんかなあ…」
「こどもには多くの人と関わりあって育ってほしいけど…」
「独身だし、家族を持つかはわからんけど、こどもと接するのは好き」
「働きながら生活ってめっちゃ忙しい!!!猫の手でも借りたい…」
「高齢の親と2人暮らし。他の人とも接点を持てたらなあ…」

世代を問わず「こういうのがあれば」という声に耳をかたむけ、ときどき家族プロジェクト京都では、「これからの時代のハッピーなくらしフォーラム in KYOTO」を開催されます。
関東を中心に多世代・多世帯でのくらしを実現している『コレクティブハウス』。
“ほどよい距離感で支え合うくらし”、神戸市新長田にある“週に 200 名もの人が訪れるという多世代型介護つきシェアハウス”『はっぴーの家ろっけん』という 2 つの事例に耳を傾けながら、わたしにとっての「しあわせなくらし」について考えてみませんか???
※画像をクリックするとPDFが開きます。

日時 令和2年2月24日(月・祝)13:00~16:00
会場 京都経済センター3階3-F(京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町 78 番地)
参加 無料(定員60名)
託児 託児&キッズアートワークショップあり。(有料: 500 円)
内容

13:00 はじめに

13:10 子育てのための住まいを”改めて”考える

13:25 事例①コレクティブハウス

14:00 事例②はっぴーの家ろっけん

14:30 参加者のみなさんで感想共有

15:00 ゲストのみなさんへ Q&A

16:00 終了

    ゲスト

    土井 脩史 (どい しゅうし) さん
    住宅計画研究者。博士 (工学)、一級建築士。京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科・専任講師。既存住宅のリノベーション手法の開発を主な研究テーマとしている。現在、京都の集合住宅団地を対象として、団地再生における子育て住環境の整備に関する研究に取り組んでいる。

    宮本 諭 (みやもと さとし) さん
    NPO 法人コレクティブハウジング社 (CHC) 代表理事。30 代半ばに CHC と出会い、新たなコレクティブハウス (CH) づくりの企画に夫婦で参加。居住 13 年目。現在は、妻と子どもの 3 人家族で、3 歳から 70 代までの大人 14 人、子 7 人が住む多世代 CH に暮らしている。

    首藤 義敬 (しゅとう よしひろ) さん
    暮らしの中にあるアタリマエをリノベーションする会社 株式会社 Happy 代表取締役 〝遠くのシンセキより近くの他人〟の価値を見直すことで、 子育ても介護も若者も暮らしが豊かになるという仮説を検証中。

    申込 ①お名前・ご所属を記入の上、info@homes-vi.com(熊倉・山本)まで。
    申し込み用 Web フォーム
    ※ 託児希望(500 円) の場合は、お子さんの①お名前・ふりがな ②年齢+月齢 (例:2 歳 5 ヵ月) を添えてお申し込みください。
    主催 ときどき家族プロジェクト京都
    共催 京都府・NPO法人場とつながりラボhome‘s vi
    NPO法人コレクティブハウジング社
    備考 令和元年度京都府こどもつながり応援隊補助金活用事業