1. 【お知らせ】「体罰等によらない子育てのために~みんなで育児を支える社会に~」(厚生労働省)

【お知らせ】「体罰等によらない子育てのために~みんなで育児を支える社会に~」(厚生労働省)

体罰等によらない子育てのために~みんなで育児を支える社会に~

11月は「児童虐待防止推進月間」です。
今年4月に児童福祉法等の改正法が施行され、体罰がゆるされないものであることが法定化されたのをご存じですか?

子どもの権利が守られる体罰等のない社会を実現していくためには、一人ひとりが意識を変えていくとともに、子育て中の保護者に対する支援も含めて社会全体で取り組んでいかなくてはなりません。

厚生労働省では、子どもとの関わり方の工夫等をまとめたり、11/29(日)に「子どもの虐待防止推進全国フォーラム」を開催したり、様々な取り組みをされていますので、この機会にぜひご覧ください。

違い

【しつけ】

子どもの人格や才能などを伸ばし、社会において自律した生活を送れるようにすることなどの目的から、子どもをサポートして社会性を育む行為です。


【体罰】

子どもの身体に何らかの苦痛を引き起こし、または不快感を意図的にもたらす行為(罰)です。

体罰等が子どもの成長・発達に悪影響を与えることは科学的にも明らかになっており、「しつけ」と称した暴力なども含め、体罰等が繰り返されると、心身に様々な悪影響が生じる可能性があります。

啓発

【体罰等によらない子育てのために】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/taibatu.html

【子どもとの関わり方の工夫】
https://www.no-taibatsu.jp/parent-child.html

フォーラム

【子どもの虐待防止推進全国フォーラム】参加費無料(事前申込み不要)
開催日時:11月29日(日)14:00~16:30

https://www.no-taibatsu.jp/forum/index.html

  1. 基調講演①
    「子どもの権利が守られる体罰等のない社会へ」

  2. パネルディスカッション①
    「体罰や暴言によらない、みんなで育児を支える社会とは」

  3. 基調講演②
    「児童虐待のない健やかな社会の実現に向けて〜家族の愛情と出会い〜」

  4. パネルディスカッション②
    「地域の見守り支援 〜コロナ禍における虐待予防と居場所づくり〜」

  5. トークセッション

URL

体罰等によらない子育てのために~みんなで育児を支える社会に~(厚生労働省)ホームページ