1. 【お知らせ】「豆やナッツ類は、3歳頃までは食べさせないようにしましょう! 」

【お知らせ】「豆やナッツ類は、3歳頃までは食べさせないようにしましょう! 」

乳幼児や小学生のお子様がおられる方はご注意下さい!
消費者庁には、平成 22 年 12 月から平成 29 年 12 月末までに、医療機関ネットワーク事業の参画医療機関から、豆やナッツ類(例えば、大豆、ピーナッツなど)を原因とする子ども(14 歳以下)の誤嚥事故が、27 件報告されています。
そのうち 20 件を3歳未満の事故が占めています。奥歯が生えそろわず、かみ砕く力や飲み込む力が十分ではなく、気道も狭い子どもが豆やナッツ類を食べると、気道に入って気管支炎や肺炎を起こしたり、窒息したりするおそれがあります。
豆やナッツ類の誤嚥は、事故報告件数は多くないものの、入院を要する例が16 件と全体(27 件)の約6割を占めています。
誤嚥事故防止のため、主に以下のことに注意しましょう。

【注意事項】
①豆やナッツ類は、3歳頃までは、食べさせないでください。
・小さく砕いた豆やナッツ類も食べさせないでください。
・兄姉がいる家庭では、兄姉が豆やナッツ類を食べていても、食べさせないでください。
②少し大きい子どもの場合も、誤嚥をしないように、食べることに集中させ、落ち着いてゆっくりとかみ砕いて食べさせるようにしてください。
③節分の豆まきをした後は、子どもが拾って口に入れないように、豆の後片付けを徹底しましょう。

【応急処置方法】
子どもの年齢や大きさにより、以下の応急処置を、口の中に指を入れることをせずに行ってください。また、応急処置後は速やかに医療機関を受診しましょう。
①背部こう打法(0歳児)
片腕にうつ伏せに乗せ顔を支えて、頭を低くして、背中の真ん中を平手で何度も連続してたたきます。
なお、腹部臓器を傷つけないよう力を加減します。
②背部こう打法変法(1歳以上)
立て膝で太ももがうつ伏せにした子のみぞおちを圧迫するようにして、頭を低くして、背中の真ん中を平手で何度も連続してたたきます。
なお、腹部臓器を傷つけないよう力を加減します。
③腹部突き上げ法/ハイムリック法(満5歳以上)
後ろから両腕を回し、みぞおちの下で片方の手を握り拳にして、腹部を上方へ圧迫します。
この方法が行えない場合は、横向きに寝かせて、又は、座って前かがみにして背部こう打変法を試みます。

詳細は以下よりご覧いただけます。
消費者庁ホームページ
消費者庁「豆やナッツ類は、3歳頃までは食べさせないようにしましょう!」.pdf