1. 【お知らせ】加熱式タバコの誤飲に注意 置き場所や捨て場所に気を付けて!

【お知らせ】加熱式タバコの誤飲に注意 置き場所や捨て場所に気を付けて!

独立行政法人国民生活センターから「加熱タバコの誤飲」について注意喚起が届いています。
以前に加熱式タバコの誤飲事故について紹介いたしましたが、
加熱式タバコの吸い殻は小さく、乳幼児のお子様でも食べられる大きさです。
改めて危険性の認知をお願いいたします。

◯事例
・加熱式タバコの吸い殻を割って口に入れていたところを父親が発見した。すぐに口からかき出した。
・母親が家事をしていた隙に、父親の部屋のごみ箱にあった加熱式タバコをなめていた。すぐに救急車を呼んだ。

◯アドバイス
・「加熱式タバコ」は、タバコ葉の入ったスティックやカプセルを専用の加熱装置にセットして使用するものです。タバコ葉が入った部分を子どもが食べたという事故が報告されており、多くは1歳5カ月以下の乳幼児でした。

・加熱式タバコの使用前の1本分の葉には、食べると中毒症状が現れるおそれのある量のニコチンが含まれています。タバコ葉が入ったスティック等を決して子どもの手の届く場所に置いてはいけません。

・従来のタバコと異なり火の始末の必要が無いため、使用後のスティック等を直接ごみ箱へ捨ててしまいがちですが、子どもの手の届くところに廃棄するのは絶対にやめましょう。

・タバコ葉の入ったスティック等を誤飲した際は、口の中にタバコの葉が残っている場合はかき出しましょう。水や牛乳等を飲ませると、ニコチンが水分に溶け出し、体内に吸収されやすくなるため、何も飲ませずに直ちに医療機関を受診しましょう。

詳細は以下よりご覧いただけます。
独立行政法人国民生活センター