1. 【お知らせ】「子どもが下敷きに 家具やテレビの転倒に注意」

【お知らせ】「子どもが下敷きに 家具やテレビの転倒に注意」

国民生活センターより、家具やテレビのが転倒し、子どもが下敷きになる事故の事例が届いています。
事例やアドバイスを参考に事故を未然に回避しましょう!!!

【事例1】
木製のタンスの引き出しを出して、片足を掛けて遊んでいたら、突然、タンスとその上に置いていたテレビが倒れてきて、テレビと床に頭が挟まれる状態となった。(当事者:1歳)
【事例2】
テレビ台に登って遊んでいたところ、37インチのテレビごと転倒し、腹部にテレビが刺さるような形で床に転落した。9日間の入院になった。(当事者:2歳)

 <ひとことアドバイス>
・タンス、棚などの家具やテレビが転倒し、子どもが下敷きになると、場合によっては死に至ることもあります。事故は6歳以下の子どもに多く発生しています。
・家具やテレビは転倒防止グッズ等を利用し、固定して使用しましょう。 
・家具の引き出しや扉には鍵やストッパー等を付け、子どもが容易に開けられないようにしましょう。
・家具の上にはおもちゃやリモコン等、子どもの興味を引くものを置かないことも大切です。

詳細は以下よりご覧いただけます。
国民生活センター ホームページ

support132