1. 【お知らせ】「そのサイト大丈夫?悪質な通販サイトに注意しましょう」

【お知らせ】「そのサイト大丈夫?悪質な通販サイトに注意しましょう」

そのサイト大丈夫?悪質な通販サイトに注意しましょう
悪質な通販サイトの事例が国民生活センターより届いております。
インターネット通販は便利ですが、トラブルも後を絶ちません。
最近では、子どもたち自身がサイトを検索し購入するケースも少なくありません。
一度支払ってしまうとお金を取り戻すのは困難です。
正規の値段より極端に安価である」、「日本語の表現が不自然である」、「支払方法が銀行振込のみ」など、注意が必要なサインがあります。
下記のアドバイスを参考にお子様がトラブルに巻き込まれないようにしましょう!
※画像をクリックするとPDFが開きます
事例 アドバイス
  • 【事例1】
    息子がスポーツ用品を買おうとネットで検索して、価格が安かった通販サイトで注文し、料金も支払ったが商品が届かない。入金後は業者からメールも来ない。サイトにある業者の住所や電話番号はでたらめのようだ。
    (当事者:中学生 男性)

  • 【事例2】
    SNSの広告から見たサイトで、「定価8万円の革のバッグが今なら約8千円」とあったので、注文して代引きで支払った。開封したところ、申し込んだものとは違うビニール製のバッグが入っていた。その後、連絡が取れない。
    (当事者:学生 女性)

  • インターネット通販で見られる「代金を支払ったのに商品が届かない」「注文した商品と異なるものや偽物が届いた」等のトラブルは、悪質なサイトによるものである可能性があります。 

  • 「正規の値段より極端に安価である」「サイトに正確な運営情報(運営者氏名、住所、電話番号)が記載されていない」「日本語の表現が不自然である」「支払方法が銀行振込のみ」等の場合は注意が必要です。 

  • 支払ってしまうとお金を取り戻すことは困難です。価格の安さばかりに気を取られず、少しでも怪しい、おかしいと思ったら、利用しないことも一つの方法です。 

  • 困ったときは、一人で悩まずお住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン188)。

独立行政法人 国民生活センター ホームページ