1. 【お知らせ】「子どもがオンラインゲームで無断決済! 家庭内でルール作りを!」

【お知らせ】「子どもがオンラインゲームで無断決済! 家庭内でルール作りを!」

子どもがオンラインゲームで無断決済! 家庭内でルール作りを!

国民生活センターより、子どもがオンラインゲームで無断決済し、高額請求がきた事例について、家庭内でルールづくりをするなどの注意喚起が届いています。
こういったケースでは、親のクレジットカード情報を勝手に使用してしまうほか、最近では携帯電話のキャリア決済を無断で利用してしまうケースも見られるそうです。
事例やアドバイスを参考に、ゲームの利用ルールについて家族で話しあってみましょう!
※画像をクリックするとPDFが開きます

事例
  • 携帯電話会社から、キャリア決済の支払額が限度額の10万円を超えるという通知が届いた。家族に聞くと、小学生の娘が私のスマートフォンでオンラインゲームをしていたことが分かった。こっそり盗み見たパスワードを入れてゲームをダウンロードし、課金したという。娘は、お金を払っているという感覚もなくゲームを進めていたようだ。(当事者:10歳 女児)

アドバイス
  • 子どもがオンラインゲームで課金し高額請求を受けるケースでは、親のクレジットカード情報を勝手に使用してしまうほか、最近では携帯電話のキャリア決済を無断で利用してしまうケースも見られます。
  • クレジットカードやキャリア決済のパスワード等の管理には十分注意しましょう。利用ごとに通知をもらう設定をし、利用状況を確認するのも一つの方法です。
  • 周囲の大人は、ゲームの料金体系や決済方法等を理解し、日ごろから子どもとゲームの利用ルールについてよく話し合いましょう。
  • 困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン188)。
独立行政法人 国民生活センター ホームページ