きょうと子育てピアサポートセンター 京都府の妊娠・出産・子育て支援情報ポータルサイト

便秘がち

3日以上お通じがなかったり、毎日あっても便が硬く排便が困難であったり、便が残っているような感じがあれば便秘といえます。

妊娠すると、ホルモンにより腸の動きが鈍くなったり、大きくなった子宮の圧迫、骨盤内充血による痔(じ)などのために便秘になりやすくなります。食物繊維の豊富な食品や牛乳・ヨーグルトを多くとる、水分をしっかり摂取する。早朝又は朝食後にコップ1杯の冷水・牛乳などを飲む、毎日決まった時間にトイレに行く、など生活習慣から心がけましょう。

妊娠経過が順調であれば、妊婦体操、マタニティヨガ、散歩、軽い水泳などは、便秘にも気分転換にも良いでしょう。

便秘薬は勝手に服用せず、かかりつけの病院で処方してもらってください。便を柔らかくする酸化マグネシウムや大腸を刺激する下剤などが処方されます。もし、薬局で買われるときは、必ず妊娠していることを薬剤師さんに言ってください。(Drにも相談しておくと安心です。)

浣腸(かんちょう)は刺激が強いですので避けてください。

一覧に戻る