きょうと子育てピアサポートセンター 京都府の妊娠・出産・子育て支援情報ポータルサイト

マタニティ・ブルーズとは?

マタニティ・ブルーズとは、出産直後にみられるうつ様の心やからだの症状のことをいいます。これは、出産によって胎児胎盤からのホルモンがなくなり、からだのホルモンバランスが変化することによって起きるといわれています。日本人女性の頻度は30~50%くらいです。

産後数日から2週間程度のうちにちょっとした精神症状が出現します。症状は、涙もろさ、抑うつ気分、不安、緊張、集中力の低下、焦燥感などの精神症状と、頭痛、疲労感、食欲不振などの身体症状がみられます。大抵は症状も一過性であり、産後10日程度で軽快しますのであまり心配することはありません。特に治療も必要ありません。夫や家族に協力していただいて、家事を手抜きしたり、ゆっくり休んでみてください。

マタニティブルースが長引く場合、産後うつ病に移行することがあります。症状の強い場合や、もともと精神科や心療内科に通院している人も要注意です。「生理的なものだから」と一人で抱え込まずに、無理せず助産師や産婦人科にご相談ください。

一覧に戻る