きょうと子育てピアサポートセンター 京都府の妊娠・出産・子育て支援情報ポータルサイト

一人歩きができない

赤ちゃんはつかまり立ち、伝い歩きができるようになると、一人歩きを始めます。一人歩きを始める時期には大きな幅があり、10か月くらいで歩き始める赤ちゃんもいれば、1歳3か月くらいで歩きだす赤ちゃんもいます。はいはいせずにいきなり歩き始める赤ちゃんもいますし、下肢をつくのを嫌がって、いざって移動し、ひとり立ちや一人歩きがとてもゆっくりな赤ちゃんもいます。個々の赤ちゃんの個性に合わせてゆっくり見守ってあげることも必要です。もちろん心配な場合は、医師や保健師さんに相談してください。

ひとり立ちや一人歩きをするには、身体や下肢の筋力、立位を保つためのバランス・歩きたい気持ちや興味が必要です。それらを鍛えるには、立位になる機会を増やしてあげることが良いでしょう。つかまり立ちの時に両手を使うおもちゃを渡したり、興味のあるものを少し離れた所に置く等。またつかまり立ちしやすい環境を作る(今、つかまり立ちができないおうちも多い)

 

一覧に戻る