きょうと子育てピアサポートセンター 京都府の妊娠・出産・子育て支援情報ポータルサイト

カンが強い

子どもが思うように行動してくれなくてイライラする、というのは子育ての中でだれもが体験することではないでしょうか。

1歳半から2歳ごろの子どもは、自我意識が芽生え、何かしようという気持ちは育っているけれども、言葉が不十分で自分の気持ちが通じなかったり、大人の言っている意味がわからなかったり、また運動機能が未熟で思うような行動がとれなかったりするとしばしばかんしゃくを起こしてしまいます。そんなときは、なだめたり、やめさせようとやっきになるよりもさりげなく興味をほかに向けるようにして気分転換させるとよいでしょう。たたいてしまうと「たたかれた」ということしか覚えていないので、たたくことは何の役にも立ちません。

表現方法は子どもによって様々です。ゆったり受け止めてあげることも大切です。

一覧に戻る